ブログトップ

重い水

heavywater.exblog.jp

水面(みなも)

上空を映す鏡面のような、
厚くはった温かい氷のような、
光を吸収する深淵のような、
そして
底流が渦巻く、
流れの速い、
押し流される感覚、
穏やかな水面。

[PR]
# by heavywater | 2015-05-14 20:51 | 感情

苦味

苦味は脳の奥まで届いて
奥底に眠る己を目覚めさせる。
重い瞼を開きながら
重い体をゆっくりと起こし
無意識の海から立ち上がる。
果てしなく大きな身体をゆすって
まとわりつく雑音を振り落とし、
光を見上げる。

「苦味」はあの「光」から来た。
この深淵まで届いた。
これが「   」ということか。

そして再び眠りに就く。

[PR]
# by heavywater | 2015-04-26 13:08 | 感覚

重い水

落ちながら、
いや、落ちていません。
地面すれすれに浮遊しながら
笑顔であいさつを交わし何も考えない。
考えると妨害されるのです。

重い水が。
澱が舞い上がり細かな砂とまじりあい
重い水が思考を浸食していく。

[PR]
# by heavywater | 2015-04-22 09:49 | 感覚

風穴

頭に入らないなにも頭に入らない。
これからどうすればいいのか。
生きたい。普通に生きたい。

[PR]
# by heavywater | 2015-04-09 21:10 | 感情

圧壊

少しずつ押しつぶされていく。
あまりにもゆっくりと進行していくので気付かない。
高まる内圧。
気付かないが、それでもどこかで痛みを感じている。
わずかずつ増していく痛み。
決定的な言葉は排斥の言葉。
圧壊。この物語はここまで。
続きはない。


[PR]
# by heavywater | 2015-04-08 20:26 | 感覚